【取寄】【フロンケミカル】フロンケミカル スライドグラス用染色バット掛 73×50×75 NR136202[フロンケミカル 研究用品研究管理用品理化学・クリーンルーム用品分注器]【TN】【TC】

【最安値挑戦!】 現品限り 平銀象嵌入 チャボのうぜんかずら 置物(黄銅製・点金)酉・鶏・にわとり・ニワトリ 干支-置物






デフォルメ調の鶏!

朝一番にコケコッコオゥ…~♪

神話では太陽の神(天照大神・あまてらすおおみかみ)
が天の岩屋に隠れてしまったので天照大神を岩屋から
引き出す為、夜が明けた事を告げる鶏を集めたと云う
説から鶏は神様の使いと云われています。

鶏が鳴いて、この世が明るくなった事から暁を告げ
闇を払う鳥と云う霊鳥や吉鳥として尊ばれました。
又、客をトリ(取り)込むので商売繁盛の縁起物とも
云われています。

金属でしか表現出来ない光沢と色合や質感!

鶏は伝統の着色法で着色(点金色)を施しています。

平安時代に日本に渡来した凌霄花(のうぜんかずら)
は寿命が長く、強健な夏の花木です。

霄は雲を意味し空を凌ぐまでに天高く咲き誇る
事から、この名がつきました。

職人の磨き加工、仕上げや着色・象嵌等に
拘った手仕事!

胴の尾部には繊細な"のうぜんかずら"の
銀象嵌を施した作り。

鶏の目玉部分は赤銅象嵌を施しています。

鶏の本体は黄銅製の塊なのでズッシリと非常に
重たく存在感が有ります。

※携帯の寸法は高さ110mm巾50mmです。
 大きさの、ご参考に…

※飾り台等は商品に付属していません。

■製造
梅都工房
「梅都工房」は(有)京都銅器工芸にてデザイン・プラニング・製造された製品のブランドです。
「梅都」は明治時代後期より続く由緒ある蝋型鋳物師の名跡です。
■製法
伝統的な蝋型鋳造法により原型を制作。
研磨、彩色等京都の職人が一つ一つ手作業で仕上げております。
■デザイン
三代目平安梅都によるオリジナルデザインです。
京都らしい、洗練されたデザインは海外でも評価され、販売実績がございます。
⇒三代目平安梅都の略歴を"京都工芸舎について"からご覧になれます

■材質
 鶏・チャボ・雄…黄銅製

■仕様
 目玉…赤銅象嵌入
 のうぜんかずら模様…銀象嵌入
 伝統の煮色着色…点金色

■サイズ
 鶏・チャボ・雄…巾100mm×奥行43mm×高さ125mm
 
■重量
 鶏・チャボ・雄…1.2kg 

■付属
 化粧箱

●点金色とは手間の掛る鏡面仕上げをした黄銅製の
 作品を伝統の煮色着色液に浸して着色。
 黄銅の金属結晶が浮かび上がった模様となり、
 キラキラとした色合の事を点金色と言います

●象嵌とは、タガネで生地の表面を細かく溝を刻み
 込んだ後、金や銀等を小さな金槌で打ち込んで
 様々な模様を作ります。
 
●(のうぜんかずら)の模様は片面のみとなります。

●赤銅(しゃくどう)とは銅に3%~5%の金を
 加えた合金の事です。

●黄銅製とは銅を主とし亜鉛を含む合金です。
 主に銅が60%~70%亜鉛が30%~40%
【イスカル】イスカル ホルダー DGTL25255[イスカル ホルダーW切削工具旋削・フライス加工工具ホルダー]【TN】【TC】 P01Jul16